スマートニュース(株)へ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

スマートニュース(株)へ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

スマートニュース(株)のユニコーン企業研究。転職を考えるなら働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は現在・今後の成長産業に関わる企業であり、ユニコーン・ネクストユニコーン企業は転職で検討必須。今回はスマートニュース(株)を紹介。フォースタートアップ社の想定時価総額ランキングで3位を獲得。並み居る大手からも資金調達を受ける注目の企業。スマートニュース(株)に転職をする際の準備ノートとして活用ください。

スマートニュース(株)とは

ニュースアプリ「SmartNews」の開発・運営する企業。日本のみならず世界で愛される理由となっており、世界150ヵ国にユーザーが存在。アメリカのappニュースアプリランキングでは、CNNやニューヨークタイムスの公式アプリよりも高い7位に位置するなど支持を拡大。

ミッションである「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」が示すように、SmartNewsは「良質なコンテンツ」に強いこだわりを持っており、掲載される記事は、5,000万人いるユーザーの閲覧履歴や閲覧時間をAIで分析、選出されている。「釣り記事」や「コピーコンテンツ」を排除し、1日1000万件以上ある記事の中から1,000本程度に絞って掲載。

オフィスをアメリカ・中国にも2カ所ずつ構え、100億円以上の資金調達も実施。今後はアメリカを中心として、さらにグローバル事業を拡大する新体制に移行。

基本情報

〇基本情報
・設立年:2012年6月15日
・創業者:代表取締役会長兼社長 CEO(最高経営責任者) 鈴木健
・現代表者:代表取締役会長兼社長 CEO(最高経営責任者) 鈴木健
・本社所在地:東京都千代田区丸の内1−5-1 新丸の内ビル10階
・事業内容:スマートフォンアプリケーションの開発・運営
      インターネットサービスの開発・運営
・売上高:非公開
・社員数:250名(2020年2月)
・HP:https://about.smartnews.com/ja/

特徴

〇アメリカ及び世界150カ国以上にサービスを提供するグローバルな企業

日本に限った展開ではなく、むしろ現在はアメリカが主軸となっている。「日本で成功したこの戦略を徹底的に推進すれば、米国の巨大市場を手中に収めることができる。GCP今野氏は「日本と比較すると、米国のユーザー規模は3倍程度、広告市場の成熟性は数倍程度あり、8倍大きいマーケットがある」と見ている。」と記事内で語るように、大きな市場を見据えた挑戦を実施。

〇「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」を実現する技術開発

<技術コンセプト「Personalized Discovery」>
人が消費したいものを単に供給するのではなく、人が本当に必要としているはずのものは何なのかと探り、それを届ける。「ポリティカルバランシングアルゴリズム」などのように、真のニーズに対応したパーソナライゼーション技術を追求。

<スマートニュースメディア研究所>
2018年に設立。所長には日経ビジネス・月刊現代・FRYDAYなど、紙面・WEBにかかわらず数多くのメディアを手掛けてきた瀬尾 傑氏が就任。
・ニュースやメディアが本当に人々の役に立っているか
・人々の役に立つメディアの形とはどういったものか
をメインテーマに、メディアの研究を実施。

〇優秀なメンバー・エッジの効く資金調達による事業拡大

プレステの父である、久夛良木健氏。米Facebookでニュースフィードのインフラ責任者である、Youlin Li。オンライン版の「Wall Street Journal」を立ち上げたRich Jaroslovskyなどを招き、事業を効果的に拡大。2019年末時点で、総額100億円の資金調達を成功させるなど、人材・資金を押さえており、ネクストユニコーンとして高く期待される。

沿革

・2012年6月 (株)ゴクロとして設立。
・2012年12月 「スマートニュース」アプリ公開。
・2013年10月 社名をスマートニュース(株)に変更、合わせて本社を移転。
・2014年8月 グリー、ミクシィ、川田尚吾(ディー・エヌ・エー共同創業者)らに対する第三者割当増資を行う。
・2014年10月 SmartNews 2.0をリリース。
・2015年2月 本社を渋谷区神宮前に移転。
ウィキペディアより

 

スマートニュース(株)の事業の魅力

ミッション・ビジョン

〇ミッション
・「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」

<同社HPより>
ニュースはすべての人たちのもの。インターネット上の大量な動画やフィルターバブルによって、その人にとって本当に大切な情報が埋もれてしまわぬよう、我々はSmartNewsを創り、”世界中の良質な情報を必要な人に送り届けるべく” 一丸となってこの大きな課題に取り組んでいます。

事業内容・独自価値

〇事業内容
ニュースアプリ「SmartNews」の開発・運営

<設立の背景>※詳しく
最初は、2010年ぐらいに開発を始めたWebクローラーがありました。この左の写真はその一部なんですが、自作のサーバを10台くらい稼働させて、大量のインターネットコンテンツを収集して解析をするということをやっていました。

そのうちにその基盤技術をニュースアプリケーションに応用するアイデアが生まれまして、2011年に、SmartNewsとはまったく違う、「Crowsnest」という名前のプロダクトとしてリリースするに至りました。

このCrowsnestは、ニュースアプリケーションという意味ではSmartNewsと一緒なんですが、パーソナライズの機能を最大の特徴としていたWebアプリで、残念ながら事業としてはうまくいきませんでした。

その学びをもとにして、基盤の技術は共通のものを使いつつも、より多くのユーザーに受け入れられるプロダクトのデザインを考えて、再チャレンジしたのがSmartNewsです。これが2012年の12月にリリースされました。

〇独自価値
・良質な記事を提供するアルゴリズム「ポリティカルバランシングアルゴリズム」
・サクサクと良質な情報を収取できるUX設計

<ポリティカルバランシングアルゴリズム>※詳しく
SNSで、自分に関連ある情報しか流れなくなりがちだが、それでは本当の意味で良質な情報を提供しているとは言えない。特定のトピックに対して、両面の要素を含む記事がバランスよく表示されるようにし、ユーザーの健康的な情報収集を支える。

<サクサクと良質な情報を収取できるUX設計>
オフライン(圏外)でもサクサク読むことができる。直感的な作業ができるインターフェイス。それらに加え、ポリティカルバランシングアルゴリズムにより、大手媒体と異なり、厳選した記事を掲載すすることで、「あまり情報収集に時間をかけられないからサクッと情報収集をしたい」ユーザーにうまく訴求。これらは、利用者は全体の約6割が男性で、年齢は30代以上が中心というユーザー層の満足を獲得する。

事業内容・独自価値の補足

〇独自価値の根底となる思想
・技術コンセプト「Personalized Discovery」
人が消費したいものを単に供給するのではなく、人が本当に必要としているはずのものは何なのかと探り、それを届ける。真のニーズに対応したパーソナライゼーション技術を追求。

<同社、浜本階生氏による解説>※詳しく
「インターネットでより多くのユーザー、より多くの収益を集めるために必要とされるパーソナライズの技術、これが実は社会を分断させてしまったのではないかと言われています。リベラルな友達が多ければ、自分のフィードにはリベラルなニュースばかりが出てくるようになるし、読めば読むほど、「いいね!」をつければつけるほど、その傾向がアルゴリズムによってどんどん強化されていきます。これが一般的に起きると言われていることです。

本来、社会の壁を壊して自由さやオープンさをもたらしてくれるはずだったインターネットのプロダクトが、皮肉にも社会の分断を促進してしまっているのかもしれない。これは大変悲しいことだと僕は思っています。

スマートニュースはインターネットでニュースを扱う企業ですので、本当にそのような問題の当事者となりうるわけです。責任の重さと、スマートニュースがこの問題を適切に解決したときにもたらすことができる意義の大きさを強く感じていまして、そこでスマートニュースが掲げているコンセプトがあるんです。」

〇現状の市況感
総合ニュースサイトでは、昨年1年間で最も伸びた企業。ヤフーニュースに準じた数字となっている。またICT総研の調査でも利用率2位となっている。

<「スマートニュース」、「グノシー」アプリの利用者数が1年間で500万人以上増加:jiji.comより>

<2020年 モバイルニュースアプリ市場動向調査:ICT総研>

今後の計画

※明確な発表はありませんでした。
・ポリティカルバランシングアルゴリズム」で好評を獲得し、市場としても大きい米国を中心とした海外市場を見据え、サービスや事業のグローバル開発体制強化に投資

※2019年末には下記のような発表がありました。詳しく
「グローバルな開発体制を推進するため、当社は久夛良木 健を社外取締役として招聘し、Facebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Liが、当社のVice President of Engineering, Backend System and Foundationとして5月から参画し、エンジニアおよびプロダクトマネージャ、データサイエンティスト等の採用を強化しております。

今回の調達も含めた当社の累計調達額は191億円となります。調達した資金は、グローバル開発体制を構築するために投資する予定です。国内外での投資及び事業運営において豊富な実績をもつパートナーのご支援を得ることで、スマートニュースは成長を加速して参ります」

経営者・経営メンバー

鈴木健(代表取締役社長 兼 CEO)

・慶應義塾大学理工学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
情報処理推進機構において、伝播投資貨幣PICSYが未踏ソフトウェア創造事業に採択、天才プログラマーに認定。東京財団研究員、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主任研究員など歴任。
2006年サルガッソー設立。代表取締役社長就任。2012年6月スマートニュース(創業時社名:ゴクロ)に共同創業者として参画、取締役に就任。2014年6月代表取締役会長共同CEO就任。SmartNews米国版ローンチのため米国法人SmartNews International. Inc.を設立、Presidentに就任。
詳しく

経営メンバー・その他主要メンバー補足

久夛良木健(社外取締役)

・プレステの父。

Youlin Li

・米Facebookでニュースフィードのインフラ責任者。

Jeannie Yang

・みんなでカラオケをしてセッションを楽しめる「Smule」提供企業のChief Product Officer。
 ※全世界で5,000万アクティブユーザーを実現

Rich Jaroslovsky

・オンライン版の『Wall Street Journal』を起ち上げ、米国で「オンラインメディアのguru」と呼ばれる。
・世界最大のデジタルジャーナリズム団体である「Online News Association」を起ち上げ、スタンフォード大学の卒業生ネットワークの中心的役割。

瀬尾傑(「スマートニュースメディア研究所」所長)

・現代ビジネスや、BuzzFeeed Japan、東洋経済オンラインなど、有名メディアの編集長が参加する「インターネットメディア協会」の代表理事。

 

②スマートニュース(株)の働く環境・評判・口コミ

バリュー・行動指針

〇バリュー
1. For the Common Good
2. Be the Owner
3. Have Appreciation

<同社HPより>
世界中の良質な情報をいかに届けるか。膨大な情報の中から良質なものを選定し、カテゴライズし、それをリアルタイムで実現する。我々はテクノロジーを信じ、スケーラブルな問題解決に魂を注いでいます。

組織・採用に対する考え

〇組織に対する考え
※公開情報なし

※参考:同社採用ページより
「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」という世界でも有数の難問に対して、エンジニアリングの粋を結集して日々取り組んでいます。スマートニュースの仕事は縦割りでバラバラということはありえません。異なる強みを持ったメンバーが、お互いを助け合いながら、常に良質なアウトプットを出し続けるよう努めています。

〇採用に対する考え
※公開情報なし

※参考:同社採用ページより
面接プロセスでは、通常、採用決定までに8~12名程度の役員・社員とお会い頂きます。私たちは、一人ひとりの候補者の皆さんとじっくりと対話を重ねながら、互いに相性を見極めることが大切であると考えています。

平均年収・平均年齢・残業時間

※公開情報なし

公開情報はないが、同社の採用ページにて募集給与は400万円~700万円(月40時間の残業含む)の記載あり。

福利厚生・制度

・SmartKitchen – ランチカフェテリア無料
・地球珈琲 – バリスタが淹れる本格珈琲無料
・外国語学習の費用負担

スマートニュースニュースは社員同士の交流を非常に重視。社内イベントとして飲み会・食事会を定期的に開催。また、社員食堂では社食が無料で提供されるため、多くの社員と昼食をともにする機会も多くなっている。

ベンチャーらしい自由な社風が特徴で、制度面においても、フレックスタイム制やリモートワーク、フリーアドレス制など、従業員を可能な限り縛らないようにする配慮がある。ビーズクッションソファやハンモックに座りながら働くことも可能。

転職サイトでの評価

オープンワーク:総合評価3.25

評判・口コミ(プラス)

ワークライフバランスについて(オープンワーク)

現時点において、ワークライフバランスはとても優れていると感じている。例えば子供が熱を出して保育園に預けられない・幼稚園に登園できないといった状況が発生した場合に何の気兼ねもなく当日に休みをとることができるし、またそのような子供の病気起因の休みであれば(半期ごとに上限日数は存在するが)有給の看護休暇を申請することができる。もちろん、普通の有給休暇も方々にお伺いを立てる必要は一切なく、自身の都合により気兼ねなく取得できる。

評判・口コミ(課題)

メンバーの退職について(オープンワーク)

これまで長く働いてきた社員が次々と退職し、残る社員は待遇に惹きつけられ他社へ転職できない社員が多い。目に見えてそのような状況が続いているなか、リーダーシップが特に目に見えて対策をとるでもなく、状況が改善される見込みが感じられないため、退職を検討し始める社員が多いと聞く。リロケーションをサポートするなど他アジア圏など海外からエンジニアを採用するフローには成功しているようなので、今後はよりそのようなインターナショナルな組織になっていくだろう。

 

スマートニュース(株)の外部表彰やニュース

外部表彰

国内スタートアップ想定時価総額ランキング 3位
Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2020」 1位

ビジネスモデル・資金・人材の3要素を押さえており、今後の成長に期待がかかる。

想定時価総額

・プリファード・ネットワークス(深層学習による制御技術):3,571億円
・クリーンプラネット(新水素エネルギーの実用化研究):1,298億円
・スマートニュース(ニュースアプリ):1,237億円
・TBM(紙・プラスチック代替素材):1,233億円
・リキッドGP(仮想通貨取引に流動性を提供):1,189億円
・TRIPLE-1(半導体のシステム開発):1,032億円
・スパイバー(人工合成クモ糸の新素材):1,007億円

STARTUP DB編集部が公表した2020年の時価総額ランキングで3位。ネクストユニコーンとして注目を集めている。
国内スタートアップ想定時価総額ランキング最新版(2020年9月)

インタビュー記事・トピック

グローバルで急成長する、日本No.1ニュースアプリが目指す場所
鈴木健氏が語るスマートニュース創業秘話
スマートニュースがForbes JAPAN「日本の起業家ランキング2020」1位

 

④スマートニュース(株)求人情報・選考対策

求める人物像

<必須>
・ビジネスレベルでの日本語・英語
<ポジションごと>
・各ポジションごと即戦力スキル、オーナーシップの姿勢が求められる
採用ページに記載

採用要綱にも記載のように、基本的に3年以上のスキルを求められる。ポテンシャルではなく、チャレンジ的な応募が求められる。

求人情報・年収情報

〇募集要項
採用ページ

・給与:480万円~1200万円
・就業時間:9:00~18:00(休憩時間60分)
・休日:完全週休2日制(土・日)、祝日、年次有給休暇、年末年始休暇
・その他:ストックオプション制度あり

選考フロー・主要質問

・採用までに8〜10人と面接を実施
・少数精鋭の企業で転職難易度が非常に高い
・エンジニアを含み英語スキルが求められる職種が多い

<同社採用ページ>
面接プロセスでは、通常、採用決定までに8~12名程度の役員・社員とお会い頂きます。私たちは、一人ひとりの候補者の皆さんとじっくりと対話を重ねながら、互いに相性を見極めることが大切であると考えています。

<質問例>
「スマートニュースで何ができるのか」など、一般的なものから、「この会社の規模だと、〇〇部門は何人くらいが適切か」などプロとしてのアドバイスが求められることもあり。3日間の面接期間で10人以上の社員と顔を合わせた事例も過去にあり。

選考のポイント

・将来・現在のスマートニュースの課題と対策
・即戦力として生かせる技術
・仕事の原動力・モチベーション

スキルが高いだけでなく、社内でコミュニケーションが取れる人材がスマートニュースでは求められており、社内メンバーとの親和性を強く確認されます。採用要綱からも確認できるように、即戦力かつ長期戦力として様々な人から確認されるのです。

組織規模が小さいため、会社と一蓮托生し、将来のマネジメント層になる覚悟が必要。どのような社会課題を解決したいか、なぜ同社なのか、そのために生かせる技術は何か、根底となる仕事の原動力は何か、といった本質的な質問は想定すべきです。

その他情報

〇転職元の例
ヤフー楽天などのWEB系事業会社
サイバーエージェントなどのWEB代理店
博報堂などの総合代理店

ユニコーン転職カテゴリーの人気記事

(株)クリーンプラネットへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)クリーンプラネットのユニコーン企業研究。働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は現在・今後の成長産...

(株)Preferred Networksへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)Preferred Networksのユニコーン企業研究。働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は...

スマートニュース(株)へ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

スマートニュース(株)のユニコーン企業研究。転職を考えるなら働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は現在...

ユニコーン転職カテゴリーのおすすめ記事

(株)クリーンプラネットへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)クリーンプラネットへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)クリーンプラネットのユニコーン企業研究。働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は現在・今後の成長産業に関わる企業であり、ユニコーン・ネクストユニコーン企業は転職で検討必須。今回は(株)クリーンプラネットを紹介。 […]

(株)Preferred Networksへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)Preferred Networksへ転職|評判・口コミ・プレス情報からユニコーン企業研究

(株)Preferred Networksのユニコーン企業研究。働き甲斐、給料、労働環境、いずれも良い企業は現在・今後の成長産業に関わる企業であり、ユニコーン・ネクストユニコーン企業は転職で検討必須。今回は(株)Pref […]

その他のおすすめ記事

(株)丸井グループ|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

(株)丸井グループ|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

組織の活性化に対する(株)丸井グループの取り組み事例を紹介。ビジョン・ミッションの実現に向けて、各社がどのような戦略を描いているのか、その実現のために、各社はどのように対応をしているのか。(株)丸井グループが実際に発表し […]

【リモートワーク時代対策】(株)きんでんの取り組み事例

【リモートワーク時代対策】(株)きんでんの取り組み事例

昨今の状況変化に対する(株)きんでんの取り組み事例を紹介。昨今の状況変化に対して、各企業はどのように対応をしているのか。(株)きんでんが実際に発表している情報を中心に集めました。 ①(株)きんでんの公式情報 〇剰余金の配 […]

日本電気(株)|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

日本電気(株)|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

組織の活性化に対する日本電気(株)の取り組み事例を紹介。ビジョン・ミッションの実現に向けて、各社がどのような戦略を描いているのか、その実現のために、各社はどのように対応をしているのか。日本電気(株)が実際に発表している情 […]

(株)三菱UFJ銀行|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

(株)三菱UFJ銀行|転職・採用・人事施策の参考に【組織活性企業リサーチ】

組織の活性化に対する(株)三菱UFJ銀行の取り組み事例を紹介。ビジョン・ミッションの実現に向けて、各社がどのような戦略を描いているのか、その実現のために、各社はどのように対応をしているのか。(株)三菱UFJ銀行が実際に発 […]

ユニコーン転職責任者より

カテゴリ担当の大下です。このカテゴリは、ユニコーン・ネクストユニコーン企業の転職情報を紹介します。活性化している組織で働く醍醐味は、味わった人だからこそ分かるものです。転職を検討されている方は、ぜひ見て頂ければ幸いです。

執筆監修者

大下

当活動の主体者であり執筆監修者。学生時代にコーチングを勉強し、そのまま就職せずにビジネスマンや経営者を主体とした個人向けのコーチへ。「自己肯定感の回復と自己実現のためのコーチングは違う」をモットーとし、根強いファンを持つ。コーチングの中で、組織運営の責任者・主体者が、マネジメントのノウハウや知見を知らず苦労することに課題を感じ、当活動を発起し推進する。

   

運営チーム

組織活性DNA
   

はじめまして「組織活性DNA」運営チームです。当サイトの運営目的は、組織活性ノウハウの伝承を通じた人の人生活性です。そのために、成長・成功企業の組織活性事例を紹介します。詳しくはコンセプトをご参照ください。